原料

マカの原料ってなに?

男性には滋養強壮剤や精力剤として、女性には不妊治療に人気があるマカは、今では日本でもその名前を知らない人はほとんどいないほど有名になりました。
マカは南米ペルーに生息しているアブラナ科の多年生植物で、その根は薬用ハーブとして使われています。
これを意識的に摂取することにより、血液の流れを良くすることができ、代謝が上がることで仕事や運動や夜の生活にも高い効果が得られると言われています。
ここではそんな嬉しい効果をもたらしてくれるマカの原料について紹介しています。

マカを配合したサプリメントは海外を含め多くのメーカーから発売されていますが、マカ自体は、血管を開いて血行を促進させるアルギニンといったアミノ酸がたっぷり含まれている植物です。
その植物の中には、アルギニンをはじめアミノ酸が16種類含まれていて、その他にもカルシウムや亜鉛や鉄やタンパク質などもバランス良く含まれています。
そのためマカを摂取することにより、健康維持や美容効果やアンチエイジング効果や生活習慣病の予防や改善にも役立つことになります。

これ自体は植物のため、アブラナ科の植物アレルギーがない人以外は、基本的には安心して摂取できます。
精力剤として積極的に摂取している人も男性には多いのですが、マカは身体の一部分だけでなく全身を元気にしてくれるというのが特徴で、それが、強精と勃起につながる仕組みとなっています。
まさに天然の精力剤と言われるように、ここではアルギニンや亜鉛などの多くの精力剤に確認できる成分が活躍しています。
マカはアブラナ科の植物で高山エリアに自生していますが、現地ペルーの人たちは野菜として生産しています。
現地でも非常に貴重な野菜であり、そのまま食べるとさっぱりとした味わいで、料理にもよく利用されています。

このようにマカは南米ペルー原産のアブラナ科の植物で、健康や美容によい成分がたくさん含まれています。
特に滋養強壮剤や精力剤や不妊治療に効果があることが、日本では知られています。