原料

マカはエストロゲンを増やす?

滋養強壮効果や冷え性の改善や貧血の改善など、いろいろな効果を得られることで注目を集めているマカには、女性ホルモンの代表と言われるエストロゲンを増やすのに有効な成分だと言われています。
ここでは本当にマカはエストロゲンを増やすのかどうかについて探っていきます。

恋をすれば女性は美しくなるとよく言われますが、恋をするとエストロゲンの分泌量が増加するということは、科学的に証明されています。
恋をすれば当然ワクワクしますが、そうなると脳の視床下部がエストロゲンを分泌するように指令を出します。
エストロゲンは、女性らしい丸みを持った体つきにする働きや、コラーゲンに働きかけて肌に艶を与える働きがあり、恋をするとキレイになることは決して気のせいではありません。
もちろん両想いにならなくてもエストロゲンの分泌が促されることは分かっているので、女性がいつまでも美しくありたいなら、恋をすることをおすすめします。
女性ホルモンのエストロゲンを増やす効果があることで最近注目を集めているのがマカです。
マカには植物性エストロゲンが含まれている他にも、ホルモンバランスを整えるアミノ酸が豊富に含まれています。
さらに、ホルモン分泌の働きをコントロールする視床下部が、正常に働くようサポートしてくれるアルギニンが含まれているため、確かにエストロゲンをサポートする効果を持っています。
化学的な研究結果からもマカには更年期障害の改善効果もあることが分かっていて、自律神経の健康維持にも役立つと言われています。
マカはアンデス高地の厳しい自然環境のもと生息している生命力の強い薬草でもあり、現地ではハーブの女王とも呼ばれています。
マカには、タンパク質や各種ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれていて、それがこれまでも月経不順の改善に利用されてきました。
マカに含まれる複数のアミノ酸やカルシウムや鉄などが、人間が本来持っているホルモンのバランスを整えてくれることは多くの研究によって証明されています。

このように、マカには確かに女性ホルモンの代表と言われるエストロゲンを増やす効果があると言われていて、エストロゲンが増えることにより、女性は美しくなることができます。